三河屋のブログ

つらつらと電動ガンの改造内容を書いていきます。

今回の御依頼は、中古で買ったM4を見て欲しいとの事でしたので、見てみました。
先ずは全体写真から。


DSC_0684

初速もこちら。


DSC_0689

では分解していきますが、他のM4とメカボックスを取り出す工程は同じなので、多少省きます。
ただ、今回の個体はボルトカバーが停止するタイプなので、写真の通りボルトキャッチボタンを取り外す必要があります。

ボルトキャッチボタンを固定しているピンを抜きます。

DSC_0708

DSC_0709

この様な形になっているので、ボルトキャッチボタンを取らないと、メカボックスが取り出せなくなります。

DSC_0710

次に、マガジンキャッチを外します。
いつもなら、ボタン側のネジを外せば簡単に取れるのですが、実物調のマガジンキャッチの為、ボタンを押し込みます。


DSC_0707


DSC_0711

レバーが浮いてきたら、逆時計回りに回します。
ネジ式になっているので、回せば取れます。
その時に、マグキャッチボタンとバネを飛ばさないように気を付けてください。

この様な形になってます。

DSC_0712

この2点以外は通常のM4と同じ分解方法です。

メカボックスを取り出します。

DSC_0718

先に、ボルトカバーストッパーを取り外します。


DSC_0719

赤丸のネジを外せば簡単に取れます。

DSC_0720

メカボックスを止めているネジを全て外せば開けます。


DSC_0721

かなり汚いです。
全て取り外して、奇麗にします。
ここで使うのはこちら。


DSC_0722

CYMA系の工業グリスを使う電動ガンには有効なクリーナー。
簡単にキレイになります。

DSC_0724

可動部分を磨きます。


DSC_0725

配線を張り替えます。


DSC_0726

シム調整をした後、ギアにグリスを塗り組み込みます。
が、ここ2~3年前くらいのCYMA製品の逆転防止ラッチのスプリングの引っ掛け方が変わりました。
この様に引っ掛けるように成ってます。


DSC_0734

ギアを全て組み込んだ際、この様に逆転防止ラッチが掛かっていたら大丈夫です。


DSC_0738

全て組み込んだ状態。


DSC_0739

この状態で、メカボックスを閉めます。


DSC_0741

忘れてました。フレームにメカボックスを納める際、ガタ取り用のソケットをメカボックスにはめます。

ストックパイプから配線を出して欲しいとの事でしたので、これだけ伸ばしました。


DSC_0743

次に、チャンバー系の改修。
分解した後に写真を撮りました。
インナーバレルが結構汚れてます。


DSC_0744

内も外も磨きます。


DSC_0745

チャンバーパッキンを東京マルイ製にして、HOPクッションは自作に交換してあります。


DSC_0746

バレルのガタ取りにアルミテープを2巻き巻いてます。

組み立てて初速を計ると

DSC_0747

分解する前より初速は落ちましたが、どうやら汚れによる気密確保が要因でした。
使用する場所が結構高地なので、これくらいじゃないと逆に初速が超えてしまうので、結構ビクビクして組み立ててました。

完成したのがこちら。


DSC_0751

かなりフロントヘヴィーな個体です。

作業後、依頼主が試射にみえたので、撃ってもらいました。
かなり満足して帰って行かれました。
飛距離は大体60m程。
50mまでは簡単にヘッドショットが出来る集弾率でした。

交換部品
・イーグルフォース製銀メッキ配線16ゲージ
・SHS製ピストンヘッドOリング
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション

以上です。

電動ガンやエアガンを分解するときに必ずオイル類を洗浄します。
その後、どのオイルを使うかによって性能も左右されます。
私も、分解組み立てが出来るようになった当初はマルイの純正グリスやシリコングリスを使っておりました。
その後、ライラックスが販売しているグリスを使用。


ライラグリスも使い始めはマルイよりは性能良いなと感じてましたが、慣れてくるともっと性能の良い物は無いのか?となってしまいました。
そこで、自作してみようかと考え、Ⅰからは無理なので在る物を調合して作る事に。
車のエンジンベアリング用のグリスとモリブデングリスを調合して使用。
性能的には、ギア鳴りが押さえられ、回転もスムーズとなりましたので、そこそこ良いと感じてました。
ただ、モリブデングリスがプラスチック系に浸食しやすいと聞き、紹介されたGAWグリスを購入。


暫くこれを使っておりました。
ただ、使用感は左程良いとは思わなかったんですよね。
自作のグリスの方が良いような感じがして。

その間に、ドロップキックプラトーンさんがオイルを販売したので、購入。
スライディングαをベアリング軸受け用に買い、実際に使ってみたら最高。
ただ、ベアリング軸受け以外にも使え、メタル軸受けにも良し!GBBの可動レールに塗っても良し!と、幅広く使えます。
また、オイル類とは違いますが、クラブレインと言うグリス洗浄液も、あのCYMAの宇宙人グリスを簡単に溶かして除去できます。

そして、現在使用しているのが、イグナイトシリーズ。
グリスのイグナイトケミカル


このグリスを使用した時の感想。
凄く伸びが良いい!
筆でギアに薄く塗れる。
そして、組み込んだ後に稼働させたら物凄く静かに成った。
正に求めていた性能でした。
シム調整、ピニオン調整だけでは限界がある為、このグリスと出会えて良かったと思うくらいの性能です。

オイルのイグナイトルーブ



差しやすくなった容器



このオイルは先ほど述べたドロップキックプラトーンさんのスライディングαと同じ部類の物と成ります。
どちらも甲乙つけがたい性能を持ってます。

何が言いたいかと言うと、電動ガンを弄っていく際、必ず付きまとうのは耐久性と摩擦。
摩擦を軽減して、ギアをスムーズに回転させる。
これに特化した物を使用しているからこそ、壊れにくい物を作り出し、相手に渡すことが出来るのだと考えるからです。
ただ、耐久性能の良いギアやピストンに変え、強いスプリングを入れて飛距離を伸ばすのも良いですが、やはり機関部やメインスプリングはノーマルを使い、数年間使える物を手にした方が愛着も湧くのではないでしょうか?
私の勝手な持論です。

今回は以前他のプライベーターにパーツの組み込みをお願いして、帰ってきたら給弾不良で撃てなくて困っているので、MP7を直して欲しいとのご依頼。
当初はマガジンを自分の物を使ったら、普通に撃てたので返そうと思ったら、試射してみたら10禁の電動ガン並みにしか飛ばず、フルオートにしたらもっと飛ばなくなるという物だったので、手直しをすることに。
これが、不幸の始まり。
先ずは、全体写真から。


DSC_0529

初速はこちら。

DSC_0526

分解していきます。

フロントハイダー部分を取り外します。
ここはバッテリーを入れる蓋と成ります。
緑色で囲った四角の中にあるボタンを押しながら外します。

DSC_0530

取り外すと、インナーバレルが表れました。

DSC_0531

バレルを曲げないようにネジを外していきます。
ストック固定部のネジを外します。

DSC_0532

ネジを外しただけではストックは外せません。


DSC_0533

サイトを外します。


DSC_0535


DSC_0536


DSC_0538

前後のサイトを外したら、レールを止めているネジを外します。


DSC_0539

フロント側の2本。


DSC_0540

見えにくいですが、リア側の1本。
ネジを外すと、レールが取り外せます。

DSC_0541

ダミーボルトを繋いでいるネジを外します。
ついでに、スプリングも外します。

DSC_0542

メカボックスから伸びる配線を外します。

DSC_0544

外すとこんな感じ。

DSC_0545

ストックを抜きます。

DSC_0549

メカボックスを固定している器具を抜きます。

DSC_0552

メカボックスが抜き出せます。
ついでに、チャンバーとインナーバレルも抜きました。

DSC_0554

チャンバーを抜く際、するっと抜けずに、かなりの抵抗があった為、何でだろう?と思い見ると、シールテープが。

DSC_0556

バレルのガタ取りにシールテープを巻いて、強引に押し込んだみたいです。
シールテープでガタ取りって、あり得へん。

気を取り直して、T6トルクドライバーでメカボックスを開けます。

DSC_0558

開きました。

DSC_0560

依頼主は受け取ってから弾が出ないため、試射以外撃ってなかったそうです。
それが幸いしてか、中身は奇麗です。
ただ、私と友人で約600発ほど試射しましたが。
各部を見ながら、洗浄します。

早速ピストンヘッドへの処理の汚さから。

DSC_0562

シールテープがはみ出てる。
シリンダーから取り外すと・・・

DSC_0564

何これ?
シールテープの余った部分を切り取るんじゃなくて、まとめてる?
写真ではまとまってますが、一部が穴の付近まで広がってました。
スゲェな。

DSC_0565

次はSBD端子がぎっちぎちに取り付けられているので、モーターホルダーが取れないので、はんだごてにて端子から外します。

DSC_0567

ようやく、全ての取り外しができました。

DSC_0568

全てを洗浄します。

DSC_0569

グリスの汚れだけでした。
あと、洗っていて気付いたのが、ピストンのAOE処理。

DSC_0573

ギアロックが頻繁に起こるのならこの処理は必要なんですが、そうでない場合
ただ単に初速の低下にしかならないんですよね。
しかも、軸受けの軸穴も歪んでしまってるし。

DSC_0577

これ、施工主曰く「入りずらかったからドリルで拡張した」って普通に話している時点で駄目だこりゃ。って思いました。
あと、軸受けを接着してました。

DSC_0578

これに関しては賛否あるでしょうが、私は取り外す際に苦労したので文句が言いたいだけです。
本音は樹脂軸受を接着って、大丈夫か?なんですが。
人それぞれなので、私はこう感じた次第です。
樹脂軸受は純正の物へと交換。

DSC_0580

DSC_0581

一応、磨いてはありましたが、どうも磨きが荒く感じたので、再度磨きます。

DSC_0584

しっかり磨けているか解り辛い写真ですが、当初より良い感じ。

いつもなら部品を交換することなく組み立てるんですが、ピストンとスプリングをノーマルに戻して組み込みます。

DSC_0570


DSC_0572


DSC_0585

勿論、SBDも外します。
メカボックスはこれで閉じて終了。
次いで、チャンバーとインナーバレルを見ます。

DSC_0589

写真では解りにくいですが、ネジが2本あるので、それを外します。
HOPダイヤルのネジも外します。

DSC_0591

この様に分解できます。


DSC_0592

インナーバレルを見て行きます。
何故初速のわりに全く飛ばないのか。


DSC_0594

HOPを水平に掛けるための削り。
又、溝埋め。
全く意味が無い処置です。


DSC_0595

次に、射入口のテーパー処理。
手作業ですか?
面取り面がデコボコなうえにバリが酷い。
ですので、依頼主が送ってくれたインナーバレルを使います。


DSC_0602

長さからして多分電ハン用ですね。

DSC_0603

チャンバーに組み込んで組み立てます。

チャンバーを先に組み込んだ後、メカボックスを入れるのですが、結構な頻度でチャンバーがズレたりするので、マガジンで固定してからメカボックスを入れると楽です。

DSC_0604

DSC_0605

組み立てた後、試射をしてみましたが、給弾不良が酷く弾が飛ばない。
あるんですよ。
組む人が違うと、少しの事でバランスが崩れて不具合が起きたりします。
チャンバーとインナーバレルを手持ちの純正へと交換。
実は、元々のチャンバーブロックにパッキン付きインナーバレルを入れると径が細いのか、かなりの抵抗を感じながらの挿入となり、チャンバーパッキンがはみ出す始末。
ですので、チャンバーブロックも交換としました。

DSC_0608

長さが全然違います。
純正の方を加工。


DSC_0611

純正を入れても給弾不良は直らず。
もしかしたらと思い、セクターギアとタペットプレートを新品へと交換。
やっと給弾不良から解放されました。
飛距離も倍増し、撃った感じは弄る前よりスプリングが弱くなったために連射速度も上がりました。
多弾マガジンもよくある弾上り不良が起こる為、分解して弾上りの際問題となる箇所を削っておきました。

初速はこちら。


DSC_0629

純正でもこれくらいの初速なので、無理して強化スプリングとか入れることは無いですね。

追記
この記事を書いた後、もう一度試射をしたら弾が出ない。
あれこれやった後、どうもシーリングノズルの出っ張りが邪魔をしている。
手持ちのジャンク品からMP7用のシーリングノズルを探し出すと、どうも形状が違う。

DSC_0636

赤い四角で囲ってあるのが、今まで入っていたシーリングノズル。
緑の四角で囲ってあるのが、ジャンク箱から取り出したシーリングノズル。
先端の出っ張りの位置が上下逆となっている。
ので、緑で囲ってある方のシーリングノズルに交換して試射したら、給弾不良が直りました。
結局、セクターギアやタペットプレートが原因では無かったみたいです。
たまたまMP7を1丁分潰してパーツ取り様にしていて良かった。

交換部品
・セクターギア
・タペットプレート
・シーリングノズル
・軸受け
・チャンバーブロック
・インナーバレル
・チャンバーパッキン
以上です。

↑このページのトップヘ