三河屋のブログ

つらつらと電動ガンの改造内容を書いていきます。

LMGを3丁預かった物の2丁目。
相変わらず長いです。

DSC_0102_2

初速はこちら

DSC_0103_1

ただ渡されて、好きに施工してとの事でしたので、好きにさせていただきます。
配線変えと、FET設置を考えてます。

では、メカボックスを取り出します。
写真撮り忘れました。
先にグリップ部分を取り外します。
後部にピンがCクリップで止められているので、クリップを外しピンを抜きます。
ピンが抜けたら、グリップ部分を後部から下に向けて力を徐々に加えながら抜いていきます。
が、この時、無理やり抜かないでください。
ドラムマガジン用のトリガー連動用の配線が繋がってますので。
グリップ部分が抜けるように成ったら、フレームから排気系のメカボックスを取り出します。


DSC_0104


DSC_0105

写真に写っている2か所の六角ネジを外すだけです。


DSC_0106

この様に外れます。
これから大いに悩みながらの施工が始まります。

DSC_0107_1

ギアボックスを開けたところ。
兎に角、軸受けが均等に真っ直ぐに入っていない為、ギア鳴りがうるさいです。
それ以外にも原因があるのですが、そこは何とも成らないので、放置します。

DSC_0108

トリガー連動式のスイッチが・・・。

先ずは配線を張り替えます。

DSC_0116

DSC_0117

ここまでは調子よかったです。

次に、内部のバリ取りをして、軸受けを交換。
均等に入れました。

DSC_0119

DSC_0118

シム調整をしながら、組み込み。
ただ、この時、トリガー連動用のスイッチが壊れたので、電気店からプッシュスイッチを購入。
長さが足らないから、3mm程付け足して設置しました。
色々悩み考えながら行っていたので、写真を撮り忘れてます。
ギアボックスはこれで終わり。
次に、排気系の施工に移ります。

DSC_0012

全て取り外し、洗浄、研磨。

DSC_0017

ピストンは樹脂歯でしたので、金属歯のピストンへと交換。

DSC_0019

DSC_0020

スプリングはそのまま使用。
組み立て。

メカボックスをフレームに組み込む前に、チャンバー周りの施工を行います。

DSC_0021

DSC_0022

HOP窓が汚かったので、修正、研磨してマルイ製チャンバーパッキンがそのまま流用できたので、交換。
HOPクッションを自作の物へ交換して組み込み。
先にバレルを入れてから、メカボックスをフレームに組み込みます。

長いから、外で試射。

DSC_0023

少し初速が上がりました。

写真の少ない状態ですが、60m先を狙える物と成りました。

交換した部品
・フルメタルティースピストン
・アルミ製ピストンヘッド
・イーグルフォース製銀メッキ配線
・エチゴヤ販売FET回路
・8mmメタル軸受け
・マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション
・壊したプッシュスイッチ

以上です。

今回の依頼品は大物です。
ミニミを久々に施工します。


DSC_0064

初速を計りたくても、チャンバーにBB弾が入っていかない為、このまま分解します。
先ずはチャンバー関係から。


DSC_0067

shopカスタムという事で、施工内容を見ると・・・。
こちらはノーマルに戻していこうと思います。
ただ、インナーバレルのHOP窓の処理が酷い。


DSC_0068

結構、内側にバリがありました。
奇麗に処理をします。
次に、チャンバーパッキンを交換。
A&K製のLMG系はパッキンが独自設計の物ですので、マルイパッキンにOリングを接着します。

DSC_0071

接着剤が乾いたら、淵を切り取り、やすり掛け。

DSC_0073

汚いですが、チャンバーブロックにすんなり入ればそれで良いんです。
次に、HOPクッション。

DSC_0070

こちらは逆に鬼HOPと成っていたので、交換。
これらを終えた後、組み立て。
当初はインナーバレルを交換しようと思い、短い真鍮バレルを組み込んでみました。


DSC_0069

ですが、初速が66mしか行かなかった為、バレルを元に戻すことに。
それでも初速が63mしか行かなかった為、メカボックスの調整へと移りました。

DSC_0075

メカボックスを取り出しました。
配線にビニールテープが巻かれています。

DSC_0076

何だろう?と思い剥がすと・・・

DSC_0077

FETだ。
ついでにヒューズまで一緒に撒かれてました。
ってか、収縮チューブで保護してないって・・・。
FET回路をよく見ると

DSC_0078


DSC_0079

これ、簡単な衝撃で折れますやん。
配線を張り替えるので、これらは廃棄します。
メカボックスを開ける前に先ずはスプリングを取り出します。

DSC_0081

次に、メカボックスを固定しているネジを外します。

DSC_0084

結構汚いです。
その前に、スプリング軸受けのストッパーの付け方を忘れない為に写真で撮っておきます。

DSC_0085

DSC_0086

こうやって撮影しておけば、忘れた際に役に立ちます。
では、取り外して掃除します。

DSC_0087

結構粘度の高いグリスで、パーツクリーナーでは除去に苦労しました。
ここでもドロップキックプラトーンさんのメカボクリーナーが効力を発揮します。
液体を振り掛けた途端、グリスの分解が始まり、簡単にグリスを除去できました。


DSC_0088

メカボ内を磨き、軸受けを接着しなおしてシム調整。
終わって、ギアにグリスを塗り、組み込み。


DSC_0089

メカボックスを閉じた後、配線張替え。


DSC_0092

本当は銀配線の方が通電率も良く、更に回転速度も上がったでしょうがマガジンの給弾スピードが追い付かないと思い、わざと銀メッキ配線にしました。
あと、高性能のFET回路も設置。

DSC_0093

2石で240Vの電圧にも耐えれる物。
バッテリーを繋ぎ、初速を計ると、

DSC_0098

メカボックスを開ける前より数段良い状態。
飛距離も、0.2gBB弾使用で、60m強飛び、集弾性能は50cm以内に収まってました。
LMGで50mくらいなら、ヘッドショットが狙える状態です。

交換部品
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・8.6mmOリング
・自作HOPクッション
・イーグルフォース製銀メッキ配線18ゲージ
・エチゴヤ販売FET基板
以上です。


全体写真を撮るのを忘れましたが、さすがスポーツラインという事もあり、大半がプラです。
フレームはFRPという事です。
今回嬉しい事に、マグキャッチ関係は亜鉛ダイキャストっぽいです。
先ずは初速から。

DSC_0002

サイレンサー付きなんですが、中に一切スポンジなどは入っていない物です。
で、サイレンサーの射出口ギリギリまでインナーバレルがあるのに、この初速。
スプリング交換も視野に入れて行きます。
では、メカボを取り出しました。

DSC_0007

開けます。

DSC_0008

機関部のアップ

DSC_0009

最近のCYMAはグリスが少なくて助かります。

DSC_0010

何て思ってたら・・・

DSC_0011

ん?

DSC_0012

んん?

グリスが全体に塗られていないだと!?

ですので、全てを取り外し、洗浄します研磨します。

セレクタープレートが前後するメカボの表面に傷が走っていたので、研磨します。

DSC_0013

DSC_0014

メカボの内部の研磨後

DSC_0015

軸受けの歪みを修正し、ピストンレールとタペットプレートのレールに『ドロップキックプラトーン』さんの『SLIDINGα』を筆塗。

DSC_0016

DSC_0017

その後しっかりとシム調整をして組み込み。
ただ、このETU搭載型からなのか解りませんが、逆転防止ラッチのスプリングの向きが変わりました。

DSC_0019

マルイSTDとは違う組み込みの仕方なので、間違えないようにしてください。

メカボを組み立てたら、チャンバーブロックの確認。

DSC_0004

なんとなく給弾ルートがデコボコしていたので、磨きます。

DSC_0005

薄くシリコングリスを塗り込みます。
削った箇所の色が変わるか変わらない程度に薄く塗らないと、BB弾が真っ直ぐ飛ばなくなるので要注意です。

最後に組み立てて初速測定。

DSC_0024

大幅に上がりました。
ただし、M90スプリングを入れてこれだけしか初速が上がらないのは少し不満ではあります。
飛距離は0.2gBB弾使用で、少し浮き上がる程度のHOPの強さで62m先のマンターゲット胸部に集中。
フルオートでも胸部50cm以内に収まる集弾性。
水平飛距離は50mという物に成りました。

交換部品
外装
・フリップアップサイト
・サイレンサー
内部
・M90スプリング
・マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション
・真鍮製インナーバレル
以上です。





↑このページのトップヘ