三河屋のブログ

つらつらと電動ガンの改造内容を書いていきます。

私の施工した電動ガンを試射してもらい、また話をして気に入ってもらえた方からの御依頼。
中古で買われたグロックの整備をすることに。
ついでにインナーバレルも交換することに。
先ずは全体写真から。

DSC_0464

初速はこちら

DSC_0462

分解前の作動動画


では分解していきます。

先ずはグリップ底にあるグロックのシールをはがします。

DSC_0465

奇麗に剥がすために、デザインナイフで端をはがします。

DSC_0467

DSC_0468

シールが剥がれたら、赤丸のネジを外します。
次に、グリップ側面にあるピンを抜きます。

DSC_0469

そうすれば、グリップの底蓋が外せます。

DSC_0470

次に、グリップパネルをはがします。

DSC_0471

精密マイナスドライバーを隙間に入れて剥がします。

DSC_0472

両側のグリップパネルを剥がしたら、メカボックスを固定しているピンを2本抜きます。

DSC_0473

DSC_0474

メカボックスの取り出しを行います。
シーリングノズル等を保護しているカバーを外します。
赤丸のネジを外します。

DSC_0475

DSC_0476

計3本のネジを外してカバーを外します。

DSC_0478

次に、フレームロックを取り外します。

DSC_0480

ネジが外せたら、ノズルガイドとノズルスプリングが飛び出す場合があるので、気を付けて取り外してください。

DSC_0481

アウターバレルという名のインナーバレルカバーを取り外します。

DSC_0482

何気に忘れていたフレームピンの一本を抜きます。

DSC_0487


DSC_0488

トリガーピンを抜きます。

DSC_0483

ピンを抜いた後、バッテリーコネクターをトリガー基部に固定するネジを外します。

DSC_0485

この様になります。

DSC_0486

メカボックスを取り出します。

DSC_0489

はんだこてにて、配線をモーターから外します。

DSC_0490

配線とスイッチをメカボックスから取り外します。

DSC_0492

T4ネジでネジを外します。

DSC_0493

3本のネジが外せたら、開きます。

DSC_0494

全て取り外します。

DSC_0495

全て洗浄します。

DSC_0496

部品を取り出し、残った汚れをよく確認します。

DSC_0497

金属片などがあった場合、どこが欠けているか把握できるからです。

軸受けを取り外し、メカボ側の確認をします。

DSC_0498

そして、可動部を磨きます。

DSC_0500

ギアにグリスを筆塗して、各部をメカボックスに入れます。

DSC_0502

間違って配置していないか確認した後、メカボックスを閉めます。

DSC_0503

スイッチや配線回りを分解していきます。

DSC_0504

赤丸のネジを外しても接点端子は抜けません。

DSC_0505

青矢印の示すヵ所にネジがあるので、それを外します。

DSC_0507

端子類を全て洗浄したら、タミヤの接点グリスを筆塗りします。
ついでに、配線も張り替えます。

DSC_0508

配線を張り替えたら、モーターにSBDを取り付けます。

DSC_0509

約4mmの端子に配線をはんだ付けして、モーターへ取り付けます。

DSC_0510

チャンバー周りを改良します。
用意したのはPDI製の電ハンG18C用のインナーバレル。

DSC_0512

チャンバーを分解します。
赤丸のネジを外せば開きます。

DSC_0513

この様になります。

DSC_0514

インナーバレルを加工して、組み立て。

DSC_0516

分解と逆の手順で組み立てて行けば完成します。

初速はこの通り。

DSC_0522

修正後の作動動画



撃った時の感想を書くのを忘れてました。
チャンバーパッキン内部にシリコングリスを吹いて、掃除したんですが、グリスを除去するのを忘れて、600発ほど試射しても飛距離が思うように成らなかったのですが・・・午後に試射しにみえたので試射してもらったら普通に飛ぶ。
しかも、改修前より約10m以上飛距離が伸びてました。
インナーバレル変えただけなんですがね。
初速が上がったので、飛距離も伸びたんだと思います。
また、集弾率も向上したので、依頼主様凄く喜んでくれました。
こんな感じです。

交換部品
・イーグルフォース製銀メッキ配線18ゲージ
・SBD端子
・PDI製電ハンG18C用インナーバレル
以上です。

CYMA社がアメリカのCMMG社が発売するMK47ミュータントを発売しました。
しかも、フルメタルでETU搭載型。
これは買わなければならないと思い、予約。
そして届きました。


DSC_0299

箱にはプラチナムの文字が・・・。
開けると


DSC_0300

今回は11.5インチを購入。
スプリング式マガジンが付いてきます。
今回は初速と作動動画を取るのを忘れて、分解してしまいました。

既に取り出したメカボックスの写真から。

DSC_0389

今までのCYMAとは違います。
メカボックスからして奇麗な仕上がり。
ウキウキしながら開けます。

DSC_0390

はい、こっからテンションがダダ下がり。

DSC_0392

グリスが・・・組み込みが今までと一緒。

DSC_0393

開けるまでが奇麗だったので、期待していたのに。
グリスを除去し、磨きます。

DSC_0394

ギアの作りはかなり良くなっています。
セクターギアはピストンを引くギアの数が12枚のハイサイ仕様。

DSC_0396

ベベルギアに関しては逆転防止ラッチが掛かるギアの枚数は6枚。

DSC_0399

ただ、使われているシムが全て打ち抜いただけの物だったので、交換。

DSC_0400

あと、何故かシリンダーがフルシリンダーだったので、加速ポート付の物へと交換。

DSC_0401

シム調整、グリス塗をして組み込み。

DSC_0404

ベアリング軸受けには『イグナイトベアリングオイル』を使用。

DSC_0405

ニードルノズルのお陰で塗りやすいです。

DSC_0406

余談ですが、イグナイトオイルシリーズは使いやすくて本当に良い物ですよ。
ギアの摩擦がここまで下げれるとは思いませんでした。

話は戻り、組み立ててから作動テスト。


次にチャンバー周りを弄ります。

DSC_0409

インナーバレルは相変わらず汚いです。
パッキンを外すと

DSC_0410

更に汚れてる。
中も外も掃除と磨きをします。
チャンバーブロックを開くと

DSC_0411

このままでも問題ないでしょうが、とりあえず給弾ルートを磨きました。


DSC_0413

バリ取りとバフ掛け。
ちょっとやり過ぎた感があります。
何故なら、ノンHOPだと弾ポロするんですよ。
HOP掛けると弾ポロしないので、大丈夫ですが。

そのまま組み立て。
パッキンは東京マルイ製。
自作HOPクッション(長掛用)へ交換してあります。

DSC_0416

奇麗に成りました。
初速を計って


DSC_0418

M-LOK用のレールを取り付けて、この様に成りました。


DSC_0419

トータル的にみると、この安さでこの造りなら買いですね。
箱出しでも40mは安定してBB弾が飛びますから。
ただ、当たり外れがまだあるかもしれません。


交換部品
・ZC製シム
・ジャンク品シリンダー
・SHS製M90スプリング
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・自作長掛HOPクッション
以上です。

知り合いの女性がMP5でも重いと言っていたので、クルツならどうかと思い購入。
ついでに、飛距離も伸ばそうと思います。
先ずは全体写真から。


DSC_0310

分解していきます。
RASキットを取り外します。
ハンドガードロックピンが入っていなかったので、どうしようか思案中。

DSC_0360

ストックを取り外し、接続を外します。


DSC_0361

不動の理由が判明。
セレクタープレートが折れているため、不通電となっておりました。


DSC_0363

メカボックスを取り出します。


DSC_0371

開きます。


DSC_0372

内部を奇麗に掃除して、再度グリスを塗り、シリンダーを加速ポート穴が真ん中より後方寄りの通常のシリンダーへと交換して仮組。
配線も引き直します。


DSC_0373

スイッチ側面にある、銅板に適当に切った銅板をはんだ付けして、通電。


DSC_0374

カットオフレバーにより、セミ、フルの切り替えが出来るので、この状態でも大丈夫です。
次いで、チャンバー回り。


DSC_0379

バレルを取り出すと、チャンバーパッキンが切れてました。


DSC_0380

いつも通りにインナーバレルを加工して、マルイ純正パッキンへ交換して、HOPクッションを自作にして組み立て。


DSC_0381

せっかくアルミテープを巻きましたが、フレームに組み込む際、剥がれました。


DSC_0382

前出し配線へと変更して、組み立て。

初速は
ノンHOP時

DSC_0384

適正HOP時

DSC_0385

と、成りました。
配線とシリンダー以外全て純正ですから。
下手したらメインスプリング自体がヘタっているのかもしれませんし。
以上です。


交換部品
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・イーグルフォース製18ゲージ銀メッキ配線
以上



↑このページのトップヘ