VFC製HK416DをTitan仕様と飛距離伸ばしCYMA製MP5kPDWの調整及びセミロングカスタム

2022年05月18日

S&T製AKM G3電動ガンのメカボックス調整

S&Tの製品って結構当たり外れが多いんですよね。
当初、M4が出た際、買ってみたんですが・・・。
まだVer3メカボックスの方が信頼できると思ってますが・・・独自メカボックスの電動ガンはマジで勘弁してほしいです。

さて、本題に入ります。
今回の依頼内容は『セミで稀にオーバーランするので、何とかしてほしい』です。
何とかしてみます。
まずは、全体写真から。


DSC_0200

ウェザリングが施されてます。
初速と回転速度。

.trashed-1655204140-DSC_0201

初速が箱出しの時、90m台まであったとのことなので、多分分解せずに電動ガンの外装をペーパーで磨いたとの事で、磨いた時の粉がメカボックス内に入ったんでしょうとの事。
それではメカボックスを取り出します。

.trashed-1655204132-DSC_0203

グリップの底にあるネジを外します。
外したらグリップが外せます。

DSC_0203

グリップを外したら、セレクターを外します。

DSC_0206

セレクターの基部にあるネジを外すだけで取り外せるので、楽です。

DSC_0207

メカボックスを固定する物を取り外したので、フロントを取り外します。

DSC_0204

赤丸のピンを抜けば簡単にフロントが取り外せます。
フロントを取り外したら、写真の箇所のネジを外します。

.trashed-1655204409-DSC_0204

ネジを外したら、この様にプレートが外れます。

DSC_0223

その時、L字型のプラスチック片が落ちたのですが、どこに取り付けるのかも解らず困っておりました。
そしたら、ここにはまるようです。

DSC_0227

組み立てる際にここにはめるようです。
話は戻り、チャンバーを固定しているネジを外します。

DSC_0208

ネジを外したら、ようやくメカボックスが取り出せます。
先にチャンバーブロック一式を取り出します。

DSC_0222

取り出せたら、メカボックスを抜き出します。

DSC_0209

抜き出したメカボックスを見ると、表面がザラザラしてました。
あとで掃除するので、まずは開きます。

DSC_0211

グリスが違う箇所で固まってる!!!

DSC_0213

セクターギア検知用のセンサーにグリスがついてなくて良かった。
ついでなので、基板を見ていきます。

Ver3用基板ですが、一番大きい端子はトリガースイッチでした。
緑枠で覆っているのがスイッチ。

DSC_0212

セクターギアの回転を感知してモーターにブレーキを掛ける仕様となってます。
G&GやCYMAのVer3基板ってどうなっているんでしょう?
全てがセンサー制御なんでしょうか?

次に裏面ですが、セレクター検知用のスイッチが1個。

DSC_0214

どんな機能が入っているのか知らないのですが(人様の物を分解はしても操作を弄る気にならず。)
発射機構に特化した基板なのかもしれません。

基板にチャック式の袋をかぶせてメカボックスの掃除を。

DSC_0215

ギア類も掃除しました。

DSC_0218

ギアにこびり付いたグリスを除去するのに、結構手がかかりました。
次回から、歯ブラシを用意して除去します。
ベベルギアが逆転防止ラッチのかかる爪が4枚だったので、8枚の物へと交換します。

.trashed-1655330592-DSC_0216

シム調整、グリスを塗って組み込み。

DSC_0220

あ、書くの忘れておりましたが、スプリングはQD式でメカボックスを開けるのも閉じるのも楽にできます。

逆の手順で組み立てれば出来上がりです。
初速はこんな感じ。
まずはセミのみ。

DSC_0225

多分、外装を削る前の初速になっていると思います。
次はフルオートで回転速度を

DSC_0226

フルオートだと秒間大体15発。
弄る前より回転速度が下がった気がしますが、多分、バッテリーの容量不足かもしれません。
ここまでした後、チャンバーブロックのザラザラと、HOPレバーの固さが気になり、全バラ清掃、レバー可動部分の研磨を行いました。
チャンバーからはかなりの粉が出てきて、HOPレバーは結構スムーズに動くようになりました。
外装を削ってウェザリングを施す際は中身を取り出して、外装だけにしてから削りましょう。

交換部品
・8枚式ベベルギア

以上です。








コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
VFC製HK416DをTitan仕様と飛距離伸ばしCYMA製MP5kPDWの調整及びセミロングカスタム