LMGを3丁預かった物の2丁目。
相変わらず長いです。

DSC_0102_2

初速はこちら

DSC_0103_1

ただ渡されて、好きに施工してとの事でしたので、好きにさせていただきます。
配線変えと、FET設置を考えてます。

では、メカボックスを取り出します。
写真撮り忘れました。
先にグリップ部分を取り外します。
後部にピンがCクリップで止められているので、クリップを外しピンを抜きます。
ピンが抜けたら、グリップ部分を後部から下に向けて力を徐々に加えながら抜いていきます。
が、この時、無理やり抜かないでください。
ドラムマガジン用のトリガー連動用の配線が繋がってますので。
グリップ部分が抜けるように成ったら、フレームから排気系のメカボックスを取り出します。


DSC_0104


DSC_0105

写真に写っている2か所の六角ネジを外すだけです。


DSC_0106

この様に外れます。
これから大いに悩みながらの施工が始まります。

DSC_0107_1

ギアボックスを開けたところ。
兎に角、軸受けが均等に真っ直ぐに入っていない為、ギア鳴りがうるさいです。
それ以外にも原因があるのですが、そこは何とも成らないので、放置します。

DSC_0108

トリガー連動式のスイッチが・・・。

先ずは配線を張り替えます。

DSC_0116

DSC_0117

ここまでは調子よかったです。

次に、内部のバリ取りをして、軸受けを交換。
均等に入れました。

DSC_0119

DSC_0118

シム調整をしながら、組み込み。
ただ、この時、トリガー連動用のスイッチが壊れたので、電気店からプッシュスイッチを購入。
長さが足らないから、3mm程付け足して設置しました。
色々悩み考えながら行っていたので、写真を撮り忘れてます。
ギアボックスはこれで終わり。
次に、排気系の施工に移ります。

DSC_0012

全て取り外し、洗浄、研磨。

DSC_0017

ピストンは樹脂歯でしたので、金属歯のピストンへと交換。

DSC_0019

DSC_0020

スプリングはそのまま使用。
組み立て。

メカボックスをフレームに組み込む前に、チャンバー周りの施工を行います。

DSC_0021

DSC_0022

HOP窓が汚かったので、修正、研磨してマルイ製チャンバーパッキンがそのまま流用できたので、交換。
HOPクッションを自作の物へ交換して組み込み。
先にバレルを入れてから、メカボックスをフレームに組み込みます。

長いから、外で試射。

DSC_0023

少し初速が上がりました。

写真の少ない状態ですが、60m先を狙える物と成りました。

交換した部品
・フルメタルティースピストン
・アルミ製ピストンヘッド
・イーグルフォース製銀メッキ配線
・エチゴヤ販売FET回路
・8mmメタル軸受け
・マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション
・壊したプッシュスイッチ

以上です。