三河屋のブログ

つらつらと電動ガンの改造内容を書いていきます。

カテゴリ: サバゲ・カスタム

当初は自分で使おうと思い購入。
初速が低いとの事だったので、売値よりはいくらか安く購入。
先ずは全体写真から。


DSC_0064

写真を撮る前日にどれくらい初速が低いのか試射。
写真を撮り忘れて文字だけですが、HOP無し、0.2gBB弾を使用で28m。
適当にHOPを入れて初速18m。
結構笑いながら計ってました。
翌日、弄る時間が出来たので、再度初速を計る。
が、8発目から段々と初速が上がっていく。
20発超えた辺り60m後半になり、25発目で71m台となる。
計40発ほど撃って、70m台で安定したので撮影。

HORIZON_0002_BURST20210325200711839

分解していきます。
レシーバーのトップカバーを外したのち、トップカバーロックを外します。

DSC_0008

スプリングのテンションではまっているだけなので、ただ外すと飛んでいきます。
スプリングのテンションが掛からない位置まで指で押さえて外します。

DSC_0010

ロック及びシャフトとスプリングを外し、チャージングハンドルを外します。

DSC_0011

これはただ後退させれば外れます。

DSC_0012

次に、セレクターを外します。

DSC_0013

カバーを外します。
セロテープ等で覆った-ドライバーを使い、隙間があるので、そこに頭を入れてゆっくりと外します。

DSC_0014

ぼやけていますが、カバーの下からプラスネジが出てきます。
これを外せばセレクターは外れます。

DSC_0015

グリップを外します。
グリップ底にあるネジを外せば取れます。

DSC_0018

グリップに関しては簡単に取り外せます。

DSC_0019

次にフロントを外します。
サイトに移ります。

DSC_0024

独特なサイトを押し込みます。
結構力が要ります。
押し込んだら、ストックの方へスライドさせます。

DSC_0025

そうすれば外れます。
写真では解りにくいですが、結構コツと力が要ります。

DSC_0026

何故サイトを外したかと言うと、この下にイモネジで止められているからです。

.trashed-1619265961-DSC_0028

このイモネジを外したら、次にフロントを固定しているピンを抜きます。
写真では先にピンを抜いたので、サイトは着いたままになります。

DSC_0007

ピンを抜いたら、アウターバレルとチャンバーブロックを固定しているネジを外します。

DSC_0034

次にマガジン挿入口にある、金具を取り外します。
手持ちのAKや今まで分解してきたAKにはこの金具が無いので、74以降のナンバリングのAKから付いているのかもしれません。
それか、製造過程で付けるように成ったのかもしれません。

DSC_0030

こちらを取り外したら、フロント部分が外れます。

DSC_0032

メカボックスを外します。

DSC_0033

チャンバーブロックもフレームから抜きます。


DSC_0035

メカボックスの分解をします。
CYMA等の海外製品は、セレクターギアに印が付いていない物があるので、自分で解るように印を付けます。
写真は取り出したすぐの物。

DSC_0036

赤マジックにて塗りました。


DSC_0037

セミ・フルでのトラブルが起こりにくくなります。
これでも駄目なら、カットオフレバーを交換してください。

話を戻し、セレクターギアを外し、緑枠で覆った黒いプラスチックカバーも外します。

DSC_0038


DSC_0045

外せたら、モーターホルダーを固定するネジを外します。
この時、モーターから配線を外してください。


DSC_0042

通称背骨を外します。


DSC_0043

メカボックスを閉めているネジを外して、開きます。


DSC_0046

相変わらずの工業グリスで粘度がかなり高いです。
全て取り外して、洗浄します。

そして磨きます。

磨く前。


DSC_0047

磨いた後。


DSC_0048

軸受けを固定したら、ギアのシム調整。
今回、ベベルギアを回すと物凄くブレるので軸を見ると微かに歪んでました。


DSC_0049

予備のベベルギアを使います。

DSC_0050

配線張替え、シム調整、グリス塗り、スプリング交換を済ませて組み込み。


DSC_0053

閉じて組み立て。


DSC_0055

次にバレルとチャンバーブロックの加工に入ります。

DSC_0056

新品でもインナーバレルは汚れているので、磨いて、掃除します。

DSC_0057

インナーバレル加工を行い、パッキンをマルイ製に交換して、HOPクッションを自作品に取り換えたら組み立て。
バレルのガタつき取りの為に、アルミテープを巻きます。

DSC_0060

組み立てたら初速を計ります。
HOP無しの状態。


DSC_0061

適当にHOPを入れた状態


DSC_0062


試射後の感想
0.2gと0.25gのBB弾を使用。
西風がそよぐ屋外での試射。
0.2gだと、風に流されたり風に当たったりで、散ったり失速して落ちる状態。
ただ、50mまでは真っ直ぐ飛び、60m付近で散る感じ。
0.25gでは、風の影響を全く受けず、62m先の木の幹に当たる音が聞こえてくる。
時折、木の奥へ飛んでいく弾もあったのですが、大体の飛距離は62m。
60m先の集弾率は大体50cm程。
試射してくれた友人曰く「30cmくらいには収まっているようにも見える」との事。
とりあえず、完成しました。


交換部品。
・ZC製ベベルギア
・SHS製M90スプリング
・銀メッキ配線18ゲージ
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション

以上です。

以前紹介したスポンジカッターにて、マルイ製サイレンサーの中身をメラミンスポンジに交換したので、その効果を試したくて購入。



先ずは全体写真から。

DSC_0029

試射したところ、飛距離は大体40m程。
ただ、BB弾がゆっくり飛んでいくので初速は結構低いと感じました。
試射を終えて初速測定。

DSC_0004

結構低かったです。
では、分解していきます。
先ずは、ネジを3本外します。

フロント部分。

DSC_0006

マガジンキャッチ内。


DSC_0007

グリップ後部。

DSC_0008

この3本のネジを外すとフレームから機関部が取り外せます。
長いので、バレルとシリンダー部分を分離させます。
先に、シリンダー上部のレールを外します。


L968

レールが外せたら、ネジが表れますので、そのネジを外します。

L969

写真の部分のネジを外します。

L962

ローディングエスカレーターの後部のネジを外します。

L963

トリガー機関部全部にあるネジを外します。

DSC_0013

次いで、後部のネジも外します。

DSC_0014

この様に取り外します。
何度も分解したせいで、すんなりと取り外せました。

L966

ローディングエスカレーターを取り外すと、ネジが表れます。

L967

こちらを外したら、やっとバレル部分が回せます。

DSC_0018

回して、分離させます。

L9611

先に、バレル部分から調整を行います。
写真は既に調整を終えた後の物になります。
如何せん、全く飛距離が出なかったので、新たに改良パーツを購入。

L96パーツ

初体験なので、組み上げてからの効果の程は、全く解りません!

先ずは、アウターバレルからチャンバーブロック一式を取り出します。

L9613

すんなり取り出せるようにチャンバーブロックの表面を磨き、アウターバレルの内側もワイヤーブラシで磨きました。

L9614

また、チャンバーブロックにある『クリックピン』なる物のスプリングが飛んで行方不明となりやすいと事前に調べておいたので、アルミテープを貼っておりましたが、チャンバーを取り出す度に剥がれるので、マスキングテープに変えました。

L9615

チャンバーブロックを分解します。
写真のネジを2本外します。

DSC_0024

ネジを外したら、簡単に分離します。

L9617

細かいパーツを無くさないように全て取り外します。


L9618

CYMAの場合、HOPクッションと突起が一体型で、かまぼこ型に成形されており、飛距離は出ないは、精密に射撃できないわで削り取り、1mmのプラ板を使いHOP用の突起を形成しました。
ついでに、ライラックスのチャンバーパッキンから、マルイ製へと交換しました。
インナーバレルも加工して、組み立て。


L9619

買い足した改良部品の内、唯一使えたのがバレルスペーサーのみ。
戦民思想のHOPテンションアームは、太くて入りませんでした。
あと、M40用のHOPエレベーションはL96には使えませんでした。
(当たり前なんですがね。加工して使おうと思いましたが、思いの外大きかったので手作業での加工は無理と判断しました。)
アウターバレルに入れて、チャンバー部分の改良は終わりです。

次にシリンダーの分解に移ります。
ノズルプレートを取り外します。

DSC_0019

緑の四角で囲ったCクリップを取り外せば簡単に引き抜けます。


DSC_0020

シリンダーヘッドにある窪みにラジヲペンチの先を入れて回せば簡単にヘッドが取り外せます。
何故マルイ製ではなく、CYMA製を買ったのかというと、シリンダーの分解が簡単だからです。
東京マルイの場合、改造防止ピンをいちいちほじくって取り外さないとヘッドが取り外せないのは面倒ですから。

DSC_0022

シリンダー内、ピストンを掃除します。
ここで、ネットで書かれていたピストンを重くする方法を試しました。


ピストン重り

シリンダーに半田線を巻きました。
取れないように接着剤も流し込んであります。
このまま組み立てて初速を計ると・・・


マガジン12

ピストンを重くしただけで初速が一気に上がりました。
ま、大体の予想は付いてましたが、
ですが、数発撃っただけで、初速が91m台にまで下がる。
もう一度分解すると、ピストンがこうなってました。

L9623

しょうがないので、全て掃除して、半田線を取り外しました。
で、この時使用したのがGAW製のピストン用Oリング!
・・・はい、小さくて使いませんでした。
マルイ製じゃないからか?
等と思いながら、元のOリングを使用。
再度組み立てて初速を計りました。


L9625

約1cm程スプリングをかさ上げしてあります。
今回買い足した改良部品ですが、使えたのはGspec用バレルスペーサーのみとなりました。

では、気を取り直して、マガジンを分解します。
理由はやたらとBB弾がテカっていたから。
では、分解します。

マガジン11

底にあるネジを外します。

マガジン10

次に、BB弾を押し出す為のスプリングを取り出します。

マガジン8

緑の四角で囲った部分をゆっくりと引き抜きます。
気を抜くと、スプリングのテンションで飛んでいきますので、気を付けてください。

マガジン9

スプリングを全て引き抜きます。
無理やり引き抜いて、スプリングを伸ばさないようにしてください。


マガジン7

給弾口にある弾止めを取り外します。


マガジン5

開ける為に、ネジを全て外します。


マガジン4

ネジを外したら開けます。

マガジン1

所々グリスが付いてます。
全て除去して、バリなどを削り取ります。

マガジン2

マガジンを合わせる前に、ナットを忘れずに入れます。

マガジン3

逆の手順で組み立てれば完成です。

飛距離は、弄る前よりは飛ぶように成りました。
0.2g BB弾使用で、約60m。
0.25gBB弾使用で、約45m~50m。
何とか、0.25gで50m以上は飛ばしたいところです。

以上。

交換部品
・メーカー不明VSR10Gspec用バレルスペーサー 
・東京マルイ製チャンバーパッキン


今回の依頼人はハンドガンよりライフル大好きな人から。
何とか、ライフルと渡り合えるように頑張りました。

全体写真から。


DSC_0036

リポ仕様という事で、こちらも用意してもらいました。


DSC_0035

ただ、配線が長いので切った方が良いのか確認しましたが、そのままでいいとの事で長いままに。

初速はこちら。

DSC_0034

作動動画。
今回はバッテリーを充電するのを忘れていたので、弄る前の方が動きが良いです。


Twitterでは続けて弄った後の動画も投稿しているので、そのまま下へと降りていただければ弄った後の動画も見れます。


では、分解していきます。
グリップ底のシールをはがします。

DSC_0039

デザインナイフで奇麗に剥がします。

DSC_0041

剥がし終えると、蓋のような状態なので、それを外します。

DSC_0042


DSC_0043

蓋を外すと、ネジが2本現れます。


DSC_0044


DSC_0045

次に、フレームシャフトにあるピンを外します。


DSC_0046

セーフティーを繋げるネジも外します。

DSC_0047

左側のセーフティーを外す際、セーフティープランジャーを飛ばさないように気を付けて外します。


DSC_0049


DSC_0050

グリップパネルを外します。

DSC_0051

DSC_0052

両面外したら、メカボックスを固定するピンを外します。


DSC_0053


DSC_0054

写真のピンとネジを外しましたが、後々の分解でネジは外さなくてもフレームシャフトは簡単に外せることが解りましたので、ネジは外しても外さなくてもどちらでも構いません。

DSC_0055

DSC_0056

ここから数枚の写真が消えてしまったので、残っている写真のみで説明します。
メカボックスからスイッチを取り外して、整備。
そして、配線を電気効率の良い銀配線に張り直します。
今回使用したのはオルガさんの銀配線です。

DSC_0089

DSC_0090

スイッチ周りを改良した後、メカボックスへと移ります。
当初逆転防止ラッチが通常と違う組み込まれ方をしていたので、それに習いましたが、ラッチ機能が全く機能せず。
よく見ると、スプリングが変形してました。


DSC_0119

地味に電ハンもバージョンアップしてるんですよね。
ですが、使いにくいので、新しい逆転防止ラッチから旧型へ交換します。

DSC_0097


解りづらいですが、ベベルギアに対してこんな感じで逆転防止ラッチを設置します。

DSC_0114

メカボックスに部品を組み込みます。

DSC_0116

閉じて、スイッチを取り付け、配線とSBDをモーターへ半田付けします。

DSC_0091

フレームにメカボックスを組み込む際、SBDはこんな感じに押し込みます。

DSC_0120

DSC_0121

次に、チャンバーの調整を。

DSC_0093

分解します。

DSC_0092

インナーバレルを加工して、HOPクッションをPDI製Wホールドパッキンへと交換。
これだけ。

フレームにメカボックスとチャンバーブロックを組み込む前に、マズルブロックを交換。
ライラックス製品の物へと交換します。
これにより、サプレッサーが取り付けれるようになります。

DSC_0110

ただ、ネジを付けたままスライドが取り外しにくい状態だったので、マズル回りの穴を広げました。
メカボックスとチャンバーブロックを取り付け、バッテリーを付けると、こんな状態。

DSC_0107

初速はこんな感じ。

DSC_0101

対して上がってないんですよねぇ。

依頼人に試射をして頂きました。
飛距離は大体50m程。
40mから45mまで水平に飛び、ヘッドショット出来る性能となってます。
連射の際も弾のバラつきも無く、ほぼ狙ったところへと飛んでいきます。
また、サプレッサーを取り付けると、1m程離れただけで発射音が消えるため、アンブッシュの際は気付かれることが無いとない物と成ります。
以上を書きましたが、これは全て依頼人と友人方の前で撃っていたもので、喜んで帰って行かれました。

交換部品
・ORGAテフロンコード
・自作SBD
・PDI製Wホールドパッキン(電ハン用)
・旧型逆転防止ラッチ
・ライラックス製サイレンサーアタッチメント
以上です。


以前から興味のあったタボール。
売り出し用に仕入れてみました。
ついでに調整も。
先ずは全体写真。


DSC_0863

初速はこちら


DSC_0866

弄る前の動画。





メカボックスを取り出していきます。

先ずは、リアサイト真後ろにあるネジを外します。

DSC_0876

次にレールを外します。

DSC_0992

外したら、フロントにあるネジを左右外します。


DSC_0925


DSC_0926

外したら、フロント上部のカバーを外します。


DSC_0924


DSC_0923

バレル固定基部を外します。

DSC_0994

上部が外せたら、バレルをチャンバーごと外します。
外し方は、指でポートカバーを押して、外すだけです。


DSC_0996

バレルが外せたら、固定基部のネジを外します。


DSC_0997

トリガーとメカボ本体を繋ぐ、ロッドを固定するイモネジを緩めます。

DSC_0878

メカボックスを固定するピンを外します。

DSC_0990

ピンを抜いた後、マガジン給弾給弾口の奥にあるネジを2本外します。

DSC_0910


ここまでして、やっとメカボックスが取り出せました。

DSC_0879

最初に、ボルトカバーを外します。

DSC_0880

ネジを外せば簡単に取れます。
スプリングを取り出します。

DSC_0891

DSC_0892

メカボックス右側のトリガー連動とボルトカバー解除及び逆転防止ラッチ解放の分解をしていきます。

DSC_0881

トリガー連動用のロッドを外します。


DSC_0882


DSC_0883

解放ラッチを取り外します。
ネジを外して、ラッチを取り外す際スプリングを飛ばしやすいので、スプリングを指で押しながらラッチを外してください。


DSC_0884


DSC_0885

メカボックスを固定しているネジを外して開きます。


DSC_0893

全て取り外して、洗浄、研磨します。


DSC_0894

バリが酷かったので、処理しました。

あと、使われているシムが打ち抜いただけの物で、バリが酷かったので捨てました。

DSC_0907

シム調整、グリスアップ、配線張替えをして、組み立て。


DSC_1007

この後、フレームに組み込んでいる際に、モーター接続ピンが折れたので、モーターを取り換え再度挑戦しますが、また接続ピンが折れC端子にてネジ止めして事なきを得ました。
また、どうもマイクロスイッチの調子が悪かったので、こちらも交換。
無事、フレームに組み込めました。

次に、チャンバーの調整。

DSC_0915

アウターバレルから取り出すために、分離させます。


DSC_0914

この部分にあるピンを抜けば簡単に引き抜けます。

DSC_0916

チャンバーを分解します。


DSC_0917

インナーバレル加工、チャンバーパッキン交換、HOPクッションを交換して、ガタ取りの為にアルミテープを巻いて組み込みます。

DSC_0918

後は、逆の手順で組み立てれば完成します。

初速はこちら。

DSC_0928

飛距離も60mは飛ぶようにしました。
軽いので、扱いやすいと思います。

交換部品。
・シム
・銀配線
・ZC製マイクロスイッチ
・そこら辺にあったショートモーター
・東京マルイ製チャンバーパッキン
・自作HOPクッション
以上です。

イタリア製ではありますが、昔に日本か大陸製であったような気がします。
買った記憶あるんだよなぁ。

それが下記の写真。

DSC_0939

正式名称は DMAC製X-FlowEVOピストンヘッドとFlux-Cut Ver2-Ver3シリンダーヘッドと言います。
販売店での紹介では
『ピストン前面に大きな窪みを設けることでピストンヘッドの中心へ空気を集め、シリンダー内の空気を効率よく圧縮し、ノズルへ送り出すこ事を考えられた形状となってます。』
『既存のシリンダーヘッドよりも大きなテーパーを確保し、圧縮された空気の流れをスムーズにして、効率アップを狙います。』
と、ピストンヘッド、シリンダーヘッドともに説明が書かれております。
詳しくは下記をクリックしていただくと、飛びます。

・X-FlowEVOピストンヘッド

・Flux-Cut Ver2-Ver3シリンダーヘッド

今回は東京マルイ製MP5kPDWに入れます。
何故これかと言うと、中身をノーマルのままにしたら、初速が低いからです。


DSC_0959

メカボックスを取り出し、交換します。
ピストンヘッドのOリングを交換し、スプリングをSHS製M90スプリングにしました。

DSC_0961

組み立てて初速を計りました。


DSC_0965

ノンHOP状態ですと、75m台~78m台と全く安定しません。


DSC_0967

逆に適正HOPにしたら、88m台のまま安定しました。
飛距離は修理した時と変わらず60m程飛んでますが、安定して飛んでいくように成りました。
0,2gBB弾なので多少の風でも弾道がブレますが、このヘッド類に変えた後、試射をしたら弾道のブレが抑えられています。
安定して飛んでいくので、アリなパーツだと個人的には思いました。
既に再度注文しましたが、titan搭載のM4にも入れたいと思います。
セミでどれだけ効果が出るか楽しみなので。
以上です。

追記
MP5Kに続き、以前組んだTITAN搭載型M4に組んでみました。
・その時の記事
メカボックスのネジ山が所々なめていたので、メカボックスを交換するついでに組んでみました。
ただ、以前と仕様が異なり、かなり部品を交換しました。
交換部品
・東京マルイ製Ver2メカボックス左右
・ZC製6mmメタル軸受け
・マルイ製樹脂ピストン
・X-FlowEVOピストンヘッド
・SHS製ピストンOリング
・Flux-Cut Ver2-Ver3シリンダーヘッド
・スプリングガイド
・13:1ハイスピードギア
以上へと変更。
組み込んだ後、初速測定をするとギリギリだったので、タイトバレルからノーマル真鍮バレルへと交換。

DSC_0988

写真の初速に成りました。
今回は初速のブレ幅があまりなく、組み方か、個体差によってノンHOP時の初速のブレ幅があるのかもしれません。
ただ、適正HOPの場合の初速のブレ幅はほぼ無いです。
友人達にも撃ってもらいましたが、以前の物とは違い、弾の伸びが良くなったと言ってもらいました。
何度も言いますが、買って損は無い代物である事は確かです。
以上です。

↑このページのトップヘ