HOP穴が無いため、HOP調整が出来ないとのご依頼。
当初はHOP穴だけを開ければ良いと考えておりました。
先ずは全体写真から。


DSC_0119

初速も68mくらいしかないとの事で、調整も兼ねて分解していきます。
ネジを外しながら数分後、回るけど一向に飛び出してこないネジが。
しょうがないので、ネジ穴にビットを接着して一晩放置。
慎重に回しながら引き抜きました。


DSC_0104

海外製によくある接着です。
しょうがないので、ネジ穴を再生させます。
4.2mmドリルでネジ穴を拡張。
JBウェルドをネジ穴とグリスを塗ったネジに付け、穴へと挿入。
2日間放置します。
シリンダーを取り出すと、ピストンが勝手に前後する。
それだけスプリングが短い状態。
これだと、シリンダー・リリースレバーが固定されず、下がってきてしまいます。
実際、この事に気付かず試射していたら、ボルトが戻らなくなりました。
レバーがシリンダーから抜け落ちた為に戻らなくなりました。
ですので、2cmのスプリングスペーサーを入れます。
これで、シリンダー内でピストンが勝手に前後に動かなくなりました。
が、初速を計ると違法初速。
これ以上スプリングを短くできないので、インナーバレルを切断。
測っては切りを行い、合計11.4cm切りました。


DSC_0141

HOPエレベーターもバリだらけだったので、修正。
パッキンもマルイVSR用に交換。
この個体、パッキンを交換すると、その厚みでイモネジをねじ込んでないのに、鬼HOPに成ります。
ですので、HOPエレベーターの突起を少し削る事をお勧めします。
今回はバリ取りをしたら、多少ねじればHOPが安定する様になりました。
そして、組み立てて気付いたんですが、HOP穴がズレてる。
当初、分解してから穴が開いていることに気付いたので、てっきりHOP穴は開いているもんだと思ってました。
それが約1cmほど穴がズレていたので、新たに穴を開け直しました。

DSC_0145

ビットが途中でズレて穴が歪みました。
今まで開いていた穴は、プラリペアにて埋めました。
初速もこちらに。


DSC_0142

試射してもらいOKを貰ったので、お渡ししました。

交換した部品
・マルイ製チャンバーパッキン
・M4プラスネジ×3本
・自作スプリングスペーサー